コンテンツへスキップ

専属専任媒介契約よりも適しているかもしれません

買手が見つかり家の売買契約を交わす際は、売主が準備すべき書類は複数あります。

登記識別情報(古い物件の場合は「権利書」)、最新の固定資産税を確認するための納税通知書や評価証明書などは不動産を売却する際にはかならず必要になります。
更に一戸建てや土地なら測量図、所有者が転居していたら戸籍の附票など、あれもこれもと用意すべき書類は増えていきます。

必要になる書類については仲介業者の担当者から連絡があると思いますが、たとえ時間を作ってでも早めに用意しておくと、手続きに要する時間を短縮することができます。

近頃増えている太陽光発電システムのある家の場合、売却後は太陽光パネルをどうするかが問題になります。端的にいえば設備であって家本体ではないのですから、そっくり引越ししても構いません。

とはいえ取り外しと設置のために業者に払う金額に驚いて、結局は諦めるというパターンが多いです。

いざ手放すにも手続きが厄介なのがソーラーパネルですが、これから移転する先に設置できる余裕がないケースもあるわけですから、残念ながら置いていかざるを得ません。

さて、不動産の売却を考えたら、良い不動産屋に依頼したいですよね。
そんなときまず重要と言えることは、売却する物件とその不動産屋が特化している分野がマッチするかどうかです。

マンションに強かったり一戸建てに強かったりといった様々な不動産屋がありますから、依頼する不動産屋の強みに所有物件が合致するように選ぶことが大事です。それから、例として全日本不動産協会のような団体への所属の有無も、確かな業者かの判断基準になります。いままでは不動産の査定をしてもらう際は、不動産の詳細だけでなく、依頼者本人についても事細かに知らせる必要がありました。いますぐ売ろうという状況でない時は、査定時の個人情報のせいで執拗な営業がくる懸念があったため、気になるのに査定を頼めないという方もいたことでしょう。けれども近年は、完全に匿名のままで住宅の評価を依頼できるサービスも登場しています。
もし不動産の売却を予定されているのでしたら、このような新しいタイプの査定サービスを使って市場価値を把握するのも良いでしょう。物件の査定額を決定する査定基準には、多くの細かな項目がありますが、マンションの場合はおおよそ二つに分類できます。まずは、地理的条件です。
具体的には物件周辺の環境や交通機関の充実、生活のしやすさや景観などの、「場所」そのものに対する査定です。次が、マンションに対する査定です。築何年かということも大切ですが、間取りや備え付けの設備、階層、騒音問題や電車などによる振動、部屋の日当たりや方角、セキュリティーに不足がないかを主にチェックします。
このような、詳細な基準をもって不動産会社が査定額を決定します。通常の不動産取引では、売却して買主に物件を引き渡すまで、最低でも半年ほどはかかると思って間違いありません。3ヶ月ないし更に短期間での現金化が必要であれば、直接不動産会社に売却することも可能です。

買手イコール不動産会社なので早いです。

市場価格より割安の取引になるので、素早い現金化が正しい手段なのかは、十分検討を重ねなければいけませんが、不動産を迅速に処分でき、現金を入手するには非常に有効ですし、ストレスも少なくて済みます。なぜ、売ろうとしているマンションがなかなか売れないのでしょうか。まず、他のマンションと見比べてみた場合に価格競争で負けている場合があります。割高になってしまっていたら、たとえ内覧会を開催したとしても訪れるお客様の人数は限られてきます。
早急に価格の見直しをしなくてはいけません。その他に考えられることとして、不動産屋がマンション販売の促進をあまり行っていないこともあります。仲介契約時には、ちゃんとレインズに登録しているか確認を忘れないようにしましょう。

もし、共同名義の不動産物件の売却を考えているなら、委任状を準備して売却に臨む必要があります。こうした際には、取り引きに参加する代表者に、他の名義人全員が取り引きを代表者が行うことを承諾する(委任する)考えを明示した委任状を用意しなければなりません。

この委任状の効力は期限を持たないため、取り引きが終わるまで一度集めたもので問題ありません。何人かの人が名義人となっている不動産を販売するにあたっては、共有名義者のうち誰か一人でも反対する人がいると売却することが出来ないので、全員が承知しなくてはなりません。名義人として登記されている共有者全ての署名と実印が不可欠となりますから、名義人の中の誰かが単独で売りに出すことは認められていません。

当該不動産を全部というのでなく持ち分だけというのなら売り渡すことも可能とされていますが、通常は名義人となっている人全員が共同して売りに出さなくてはなりません。
家の売却相場はネットでも簡単に調べることが可能ですから、売却時の参考にしてください。

例えば、国が運営する土地総合情報システムWEBでは、地価公示額のほか、過去に行われた不動産取引の実績から住所、価格・面積・築年などの物件情報が驚くほど細かに閲覧可能です。過去ではなく現在の物件情報が欲しければ、一般の不動産サイトを見れば詳細情報が載っていますし、価格や年数などを比較すれば市価を想定できます。

さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙を貼り付けなければいけません。

売却価格によって段階が変わる印紙代は、下手をすると数十万円の出費にもなります。その上、売主と買主が互いに契約書を作成するならば、一通ごとに印紙を貼り付けなければなりません。

けれども、この場合は印紙代が決定する金額別の段階が先ほどとは違うため、チェックしておきましょう。

少しでも安く買いたいのが買う側の本音ですので、買主が希望した価格がそのまま通って不動産物件の売買が成立するのはレアで、いくらになったら買うなどと買手が価格交渉してくる場合が大半です。価格交渉をしてきた場合には、買主がなんのために買おうとしているのかも駆け引きに役立ちます。新居になる場合、検討する際の熱意も違いますから、熟慮して購入希望を伝えてきていますので、こちらがあまり引かずに交渉をしても、売れるはずです。

一度、不動産の査定を受けてしまうと、その後いかがですかと何度も不動産業者から連絡される場合もあります。

柔らかい口調につい断れなかったり、何社も査定に来られたら面倒かもという考えを逆手にとられ、簡単に1社目と契約を結んでしまうこともあるようです。
けれども、もしその時点で納得できなければ、断るのは一向に構いません。

競合見積りでは落ちる業者がいて当然ですから、そこまで気兼ねする必要はないのです。主たる債務者以外、たとえば奥さんにも収入がある場合などは、住宅の名義を夫婦共有にするケースがしばしばありますが、共有名義の不動産には厄介な側面もあります。
家を売る際、登記簿上の所有者が複数いる場合は、登記簿に記載されている所有者すべての承諾が必須です。離婚(事実婚の場合は同居解消)などの事情がある場合、資産面での夫婦間の取り決めがなされてないと、家を売ろうにも売ることができないまま、揉める事態にもなり得るのです。
北九州 自宅 売る